HOME > ツアー > ソウル近郊
【1泊2日】慶州ツアー
투어30a_[1박2일]경주투어
慶尚道 慶尚道 慶州 ツアー
☆★☆KISでご予約のお客様へ☆★☆

◎KISKOREA特別価格で提供!

※上記特典はKISKOREAホームページにて事前に予約されたお客様へのサービスです。
 
電話 02-774-3345
営業時間 1泊2日
休業日 旧正月・旧盆
支払い場所 事前支払い
アクセス ホテルピックアップ/ホテルセンディング
送迎案内 ホテルピックアップ/ホテルセンディング
1名追加可能
1日以上ツアー
団体割引
午前ツアー
全日ツアー
昼食
中国ガイド
現地払い
送迎サービス
大人1名 [1泊2日] ¥ 33,500

Tour 30 地方ツアー(主催:ソウルシティツアー)

 

 

ツアースケジュール

【1日目】ホテル - 石窟庵 - 仏国寺 - ホテル
【2日目】ホテル - 慶州歴史博物館 - 雁鴨池 - 古墳公園 - 瞻星台 - 民俗工芸品博物館 →ホテル
 

※最少催行人数3名

 

  

 

慶州市
慶州は新羅時代に首都としての役割を果たした昔の都市で、都市全体が屋根がない美術館だと言われるほど文化財が多い所として知られています。特に仏国寺と石窟庵はユネスコ世界文化遺産に登録されています。2000年には南山、月城など5つの地域が「慶州走歴史遺跡地区」として新しく登録されてました。世界的な文化遺産を見ようと世界中の観光客たちが毎年 500万人余りも訪れる観光都市です。

 

 

石窟庵
石窟庵は吐含(トハム)山の中腹に位置しています。石窟庵という名の通り、切り出した石をドーム型に組んで作られた石窟の寺院です。もともとは仏国寺に付随する庵として建てられました。中央に巨大な本尊を配置、周囲には仁王像、四天王像、菩薩像などをレリーフで飾り、石窟でありながらも通常の寺院が兼ね備える仏国土の条件を立派に満たしています。

 

100112_01.jpg

 

仏国寺
仏国寺は大韓仏教曹渓宗の本寺であり、韓国を代表する寺院としてよく知られています。仏様の世界である仏国土を現世に再現することを目的として建設されました。創建の時期はさまざまな説がありますが、528(法興王15)年に法興王の母、迎帝夫人の発願によって建設されたという記録が『仏国寺古今創記』に出ています。その後、増築、改修を繰り返しつつ約1000年に渡って繁栄を続けましたが、16世紀末に起こった文禄・慶長の役で大半の建物が焼失してしまいました。現在見ることのできる仏国寺の姿は朝鮮時代後期、また1968年の発掘調査を踏まえて1973年に復元されたものです。

 

 

国立慶州博物館
慶州の観光と言えば博物館は絶対に欠かせない場所の一つです。ここ国立慶州博物館は、古都新羅の燦爛なる文化遺産を現代に保存する目的で設立されました。慶州地域の発掘調査によって出土した多くの文化財を保存展示しています。現在の国立慶州博物館は2万余坪の敷地に約10万点の文化財を所蔵し、そのうちの約2500点を広く一般に公開しています。

 

100112_05.jpg

 

雁鴨池(アナッチ)
広大な敷地に広がる大きな池。池の中には小島が浮かび、絶妙の配置で草木が植えられています。ここはかつて新羅の王侯貴族が船を浮かべて遊んだ場所。雁鴨池(アナッチ)という名前で広く知られておりますが、その昔は月池(ウォルチ)と呼ばれておりました。新羅の風流を感じさせてくれる風光明媚な場所もであります。

 

 

 

瞻星台(チョムソンデ)
慶州には瞻星台(チョムソンデ)もっとも古い天文台があります。7世紀に作られた瞻星台(チョムソンデ)は、スカート型の愛らしい形をした天文台。上にゆくに従ってゆるやかな曲線を描く瞻星台は、非常にユニークな形をしていますが、その構造は実に複雑。機能的かつ科学的に作られています。過去1300年以上も人々とともに慶州の夜空を見上げてきた東洋最古の天文台。

 

 

 

 

 

 

※2011年11月9日更新

(0 / 200)